いいネットサインの駐車場運営知って得する豆知識やオリジナル看板製作、激安駐車場看板、プレート通販は看板ならいいネットサイン本店へ

いいネットサインTOPページ > ■コンテンツページ > 豆知識 > いいネットサインの駐車場運営知って得する豆知識

駐車場運営者様を悩ますトラブルの防止方法や契約者獲得のワザなど、
長年ご相談を受けてきた経験と今まで蓄積してきた情報をもとにお届けいたします。


月極駐車場選びのポイントは立地と賃料が大部分を占めていると言われています。他に屋根・シャッター付きや舗装されているかなど、
付加価値を求める方がいるのも事実です。付加価値は多額の設備代が必要な屋根や照明、車上荒らし予防の監視カメラを取り付ける事だけではありません。
しっかりと管理された駐車場だとアピールし、周囲に認識してもらうことが大切なのです。
あまり手を付けていない駐車場では、借りたがる人も少なくなるので、最低限必要な設備は設置しましょう。

駐車場経営にもノウハウが必要な時代。数ある駐車場の中から選んでいただくためにはイメージアップが大切です。
下記の方法以外に自動販売機を設置するのも喜ばれ、夜間の照明としても一役かうのです。

Aデザインのように常時同じ空き募集看板を付けっぱなしにしているより、
Bデザインのように満車の時は 「予約受付中」の看板に取り替えることにより問い合わせが増え、客付が良くなります。
やはり、小さな手間を惜しまない事が管理されているという、「安心感」に繋がります。
駐車場名、または管理番号を表示しておくと、お客様からの問い合わせ対応時に現地確認がスムーズに行えます。
Cデザインのように、差し替えるだけで表示が変える事の出来る看板もオススメです。

取り付けるスペースがあるからといって、大きければ大きいほど良いわけではありません。
設置する場所によっては小さめの看板や、取り付けない方がよい場合もあります。
例えば、出入り口付近のネットフェンスに大きな看板を設置したとします。その為にドライバーの視界が狭くなり、思わぬ事故が起こる可能性があります。
出入り口付近に設置する場合には、視界を遮らない程度の小さめな看板をおすすめします。
また、交通量が多い幹線道路沿いの駐車場では、車からも視認性の良い大きいサイズの看板を2枚取り付けると効果的です。
もちろん、安全第一で設置場所や高さを調整してください。

番号プレートの設置だけで、「管理された駐車場」というイメージがつきます。
また利用者の名札をわかりやすく掲示することにより停め間違いを防ぎ、最大限の配慮をしていることもアピールできます。
トラブルを未然に防ぐ事が、月極駐車場経営のポイントだといえます。

伝えたい内容を24時間アピールします。月々の賃料や保証料、問い合わせ連絡先などを書いたチラシを入れておくとよいでしょう。
また、チラシの減り具合でそのエリアの需要も確認できます。 需要があるのに空き枠が埋まらない場合には何かしら問題が あるためだと考えられます。その対策をしっかり検討し、収益が得られる運営方法を進めていきましょう。

通常、動いているものには自然と目が反応します。その原理を利用したものが「募集のぼり」になります。
当店では文字を読んでもらうだけでなく、視認性を高めるため目立つ色使いやイラストを使用し一目でわかるように工夫しています。
動きのあるのぼりで、注目を集め空き募集看板でしっかりと認識してもらう方法が、とても効果的です。

あまり手をかけていない駐車場では、やはり借りたがる人も少なくなってしまいます。
また、管理されていない事がわかると駐車場内がたまり場になってしまったり、車上荒らしや盗難も増えてしまいます。
私有地になると警察もあまり介入してくれず、個人でトラブルに対応し苦労が増えるばかり。
そのような事を未然に防ぐために、まずは看板でアピールする事が有効となります。

駐車場の周辺に路上駐車をされると、契約者が出庫するときに視界の妨げとなり事故が起こる危険があります。
また、敷地内への不法駐車はもってのほか!まずは看板で警告をしましょう。

24時間常駐する事は現実的にできません。子供のボール遊びで車にキズがつくと評判も落ち利用者が離れていってしまいます。
また、経営する駐車場で子供の事故は防ぎたい。ひらがな表記のわかり易い注意喚起をしましょう。

近隣住人とのトラブルも避けたいところです。契約者に注意を促し、 マナーを守って利用しましょう。「まわりに配慮」が不可欠です。

タバコやゴミが散乱した駐車場では借り手がつかなくて当然です。
こまめ掃除をすることも大切ですが、まずはポイ捨て禁止やペットのマナーを注意喚起することにより効果が現れます。

フェンスや壁がない場所に看板を設置できたり、バリケードとしても大活躍な置き看板。
しかし敷地外で使用すると事故や思わぬトラブルの原因になるためオススメできません。使い方によっては絶大な効果を発揮するので用途、目的によりご使用ください。 ※必ず敷地内の安全な場所でご利用ください。

看板と一概にいっても持ち運びができるものから、動かす事の困難なバリケードタイプまで多種多様にあります。
サインキュートはコンパクト設計なので出入り口付近に設置しても比較的安全で効果的です。
サインキューブは目立つ配色と大きな広告面があるうえ、契約者以外の違法駐車をバリケードする役割も果たします。

駐車場で一番事故が起きやすいのは出入り口です。
両面広告の置き看板は、外からも中からも注意喚起が可能。 鮮やかな色使いで視認性の良い看板を選びましょう。

置看板は迷惑行為禁止をアピールしたりバリケードとして活用するだけではありません。
フェンスや壁がない 場所、空き枠などに 設置して利用者を募集する事にも活用できる便利アイテムなのです。